TOP Pageへ

前田和昭の日記      

2009年6月の日記


6月28日(日)

日曜日は,家庭菜園モードです.左下のヒマワリは仕事関連の方に頼まれて育てているのでして,種を作ってから実験するんだそうです.今日ついに花が開きました.右下の写真はスイカです.私の握り拳より少し大きくなってきました.雌花になりそうなのが,あと二カ所あるので,それらもスイカを実らせてみたいです.しかし,植物の成長は速いですね.それに比べて私の成長の遅いこと遅いこと.迷いなく,ひたむきに伸びようとするところが良いのでしょうね.がんばろーっと!

 

6月25日(木)

ドイツでInternational Supercomputing Conferenceが開催され,スーパーコンピュータの世界トップ500が発表されました.
http://www.top500.org/list/2009/06/100

当然ですけど,ベスト10にアメリカ8件はいっています.あとは,ドイツが2件ありますね.1位に輝いたのは,ロスアラモス国立研究所です.Wikipediaによれば,この研究所は原子爆弾の開発を目的として創設された研究所なんだそうです.1位となったマシンはIBM製で,コア数が129,600個なんだそうで,いったいどんな姿なのか見てみたいものです.さて,日本のマシンに関しては,22位に地球シミュレータが入っています.28位にJAXAは,Quadcore SPARC64が入った富士通製だそうで,コア数が12,032個なんだそうで,割り算すると4,008個のCPUが入っているのでしょう.これも見てみたいものです.

6月24日(水)

スマートフォンが流行ですね.iPhone, Android, Palm Preと続いていますが,やはりNokia N97 を忘れちゃいけません.

しかも,米国Amazon.comで,日本からの注文を受け付けているようで,N97のUnlocked versionを購入可能のようです.さて,YouTubeの動画を上のところに埋め込んだつもりですけど,初めての経験で再生できるかどうか不安です.どうですか?再生できますか?

6月22日(月)

日航に1000億円規模の協調融資が実行されるようです.
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090622AT3S2200C22062009.html

その協調融資に,政府保証を付けるとの話が上のニュースのようです.損失が発生したときには,80%を担保するのだそうです.損失が発生したときと言うのは,日航がつぶれたときのことで,そのような可能性が出てきているということなのでしょう.日航と全日空で,明らかに企業努力の違いが見えてしまっていて,日航はこのままじり貧なのでしょうかねぇ.そのうち,日航と全日空が合併して,JANAなんていうブランドになったりして.こんな話が冗談じゃないような気がします.

6月21日(日)

何だか忙しすぎて,コンピュータネタを書く暇がなくなってしまいました.ってことで,今日も家庭菜園モードでいってみましょう.左下の写真にあるトウモロコシですけど,日に日に背丈が高くなり,ついに雄花の先っぽが私の身長を超えました.下の方には受け手の雌花(?)がヒゲを出しています.上で投げて,下でキャッチするのでしょう.トウモロコシの実がこのような仕組みで出来上がることを,生まれて初めて知りました.

 

6月16日(火)

朝,庭の植物たちに水まきをしていたら,トウモロコシの雄花が開いているのを発見.これから雌花がでてきて,それから実がついてくるのでしょう.まだまだ時間がかかりそうです.

 

6月14日(日)

日曜日なので,家庭菜園モードです.日差しが強くなったせいか,野菜がすくすくと育っています.左下はスイカなんですけど,雌花が受粉できたかどうか不明なままで,しばらく様子見です.

左下は,赤くなり始めたミニトマト.鈴のように両側にずらっと並んでいますね.今年のミニトマトは,こんなのがあちらこちらにできて,まさに「鈴なり」です.いやー「Do you love me(実) ?」

 

トマトが太陽の日差しを浴びて,なんだか浮き立っています.左下の写真の奥にあるのが種から育てたトウモロコシで,すでに私の胸のあたりまで背丈を伸ばしてきました.右下の写真では,そのトウモロコシが立派に育って雄花が出てきたのが分かります.

 

6月11日(木)

スカイトラック社による調査による世界の空港ランキングが発表されました.

  1. Incheon International Airport (3)
  2. Hong Kong International Airport (1)
  3. Singapore Changi (2)
  4. Zurich (8)
  5. Munich (5)
  6. 関西 (6)
  7. Kuala Lumpur (4)
  8. Amsterdam (11)
  9. 中部 (12)
  10. Auckland (20)

以上は,http://www.worldairportawards.com/Awards_2009/Airport2009.htm よりの抜粋で,括弧の中は,昨年2008年の結果です.他でもトップとの評価がありましたが,Incheonの評判が良いですね.機会があったら立ち寄ってみることにいたしましょう.

6月10日(水)

東急ハンズにて,前から欲しかったドライバ(Phillips #00 Screwdriver)を入手したので,以前購入した15inch MacBook ProのHDD換装に挑戦してみました.

左下が換装前の姿で,ここから19本ものネジをはずして,右下のように中身を拝むことができました.

 

ターゲットとなるHDDは左下にあるので,さらなる2本のネジをはずして取り出します(右下写真).

 

オリジナルのToshiba製200GB HDDを取り外した後は,以前まで使っていた Western Digital製500GB HDDを入れました.

 

この後,ネジを間違えないように逆順に組み立てていき,無事もとの姿に戻ることができました.ネジが多いことを除けば,結構簡単です.しかも,iFixitというWebサイト
http://www.ifixit.com/Guide/
で,写真付きの解体方法が公開されているので,すごく便利.

換装後,電源も入って起動しましたし,Mac OSの再インストールもできました.ところが,別パーティションにインストール済みのWindows XPで,マウスが全く使えません.これじゃ何もできないので,Windows XPの再インストールが必要のようです.

6月9日(火)

知らないうちに,MacBook Proのラインアップが変わっていました.発表は西海岸時間で火曜日だとばっかり思っていたのですが,勘違いだったみたい.以下,http://www.macrumors.com/ から抜粋させて頂きます.

Three standard 15" MacBook Pro configurationsとして,

  • $1699. 2.53 GHz, 4 GB RAM. NVIDIA GeForce 9400M, 250GB HD. Firewire.
  • $1999. 2.66 GHz, 4 GB RAM. NVIDIA GeForce GT. 320GB HD. Firewire.
  • $2299. 2.8 GHz, 4 GB RAM. NVIDIA GeForce GT . 500 GB HD. Firewire.

Two standard 13" MacBook Pro configurationsとして,

  • $1199. 2.26GHz. 2GB RAM, NVIDIA GeForce 9400. 160GB HD. Firewire
  • $1499. 2.53GHz. 4GB RAM, NVIDIA GeForce 9400. 250GB HD. Firewire

結構いい感じの製品ラインアップになりました.購入するのだったら,13inchでてんこ盛りオプション(メモリ8GBとHDD 500GB)をつけると良さそうに思います.ところが,大問題の記述がありました.
The new model incorporates the same non-user-replaceable battery found in the 17" MacBook Pro.

なんだそうで,これは,電源がないところで長時間使ってバッテリ切れになったとき(例えば,飛行機で移動中のとき)に,バッテリ交換ができないということです.これは困ります.仕様上バッテリを7時間使えることになっていますが,ガシガシ使っていると,そんなに長く使えないでしょう.次期Mac OSのSnow Leopard のリリースが9月だということなので,そのリリースまでじっと待って,それから考えることにいたしましょう.

6月8日(月)

朝になると花が咲く我が家のスイカです.これまで放りっぱなしだったのですが,よくよく調べてみると,雄花と雌花があるそうで,人工授粉させたほうが確実だとのこと.全く知りませんでした.受粉させたいのですけど,今朝は以下の写真の3つの花が咲いていて,多分すべて雄花のように思えます.右下の雄花の下に,しぼんでいる雌花がありました.数日前に咲いていたのでしょう.機会を逃してしまったようでショックです.これから雌花が咲くことを期待することにいたしましょう.

 

6月7日(日)

自宅菜園モードです.左にミント,真ん中がトウモロコシ,右手前にトマトがあります.天気が良い日が続いてくれれば,トマトの実が赤くなってきそうな気配があります.それから,スイカの茎がどんどん伸びてきました.1日の伸びが分かるぐらいの急ピッチで茎を伸ばしています.これってこのまま放っておいて良いのでしょうかねぇ?

 

6月4日(木)

「コンピュータ業界を変えたアプリケーショントップ10」という記事がありました.
http://slashdot.jp/it/09/06/04/002258.shtml

元記事のトップ 10 は以下の通りだそうです.

10位 Oracleデータベース
9位 PGP
8位 Apache
7位 Microsoft Office
6位 Dr. Solomon's Antivirus Toolkit
5位 Adobe Photoshop
4位 SNDMSG
3位 Lotus 1-2-3
2位 Quark Xpress
1位 Mosaic

まぁ,ある方が書いた順番なので,主観がかなり入っていますが,多分,どれも有名なものばかりなのでしょう.ちなみに,4位の SNDMSGってなんでしょう?sendmail だったら分かるんだけど..... Wikipediaによると,

SNDMSG was one component of a mail program written by Ray Tomlinson that was first used in 1971 for TENEX

なんだそうです.私より10歳以上年上の方は分かるのでしょう.私もまだまだ若手(?)っていうことなのでしょうか.

6月1日(月)

この日記の4月20日に書いたYouTubeで人気のSusan Boyleさんですけど,オーディション決勝で2位だったそうです.
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/01/news021.html

しかも,ストレスで入院されたとのこと.
http://www.excite.co.jp/News/world/20090601/20090601E30.044.html

レコード会社と契約を結ぶ予定があるそうで,今度イギリスに行く機会があったら,情報収集することにいたしましょう.いや別にどうでもよいことなのですが,どこかでネタとして使えないかなと思ってね.....

<自分用の覚え書き>

福沢諭吉著作コレクションが,デジタルアーカイブとして Web で公開されています.
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_about.html

本物を一般公開できない作品であっても,世の中のために公開すべきものはたくさんあるはずで,それをデジタル化して公開するとは素晴らしいことです.歴史のある大学は公開できるはずのコンテンツネタがあっていいですね.歴史のない大学では,将来に価値がでるような仕事を残さなければいけません.さて,自分は何ができるか考えどころです.

Adobe Photoshop CS3 を購入したのですが,以前デモ版をインストールした後,手作業で削除してしまい,CS3 を新しくインストールできなくなりました.インストールしようとしても,「既にインストールされているのでインストールできません」となりダメ.手作業で削除しないでアンインストーラを使うべきだったのですが,一度削除してしまうと,アンインストーラーがないので,削除すべきファイルを捜すことができません.これを解決するために思いついたアイディアがあるので早速実行してみました.

  • 他のIntelマシンにインストールする.
  • /Applications/Photoshop CS3と/Library/Application Support/Adobe を自分のマシンに上書きコピー
  • 念のため,Phtoshop CS3 をアンインストール
  • 再度,Photoshop CS3 をインストール

これで OK.普通のアプリケーションと違って,自分でパッケージ管理をしているようで,それがどこにあるのか分からなかったので,この方法じゃないとだめでしょう.

さて,昨日の夜から Enunciate を試しています.
http://enunciate.codehaus.org/

Enunciate という英単語を初めて聞きました.「はっきり発音する.宣言する.発表する.」という意味なんだそうです.かなり賢いツールで,アノテーションを追加した Java プログラムを書いて,あとはコマンド一発で Web サービスのサーバ側の WAR ファイルができあがり,クライアント側の JAR も生成されます.Enunciate を使えば,今まで WAR ファイルの内側を「面倒だな」といブツブツ文句を言いながら書いていた作業が全て自動化されそうです.ここまでは良かったのですが,クライアント側で,どのように URI を書いて,どのようにメソッドにアクセスできるかが分かりません.やっぱり内側を理解していないと無理だということなのでそう.しばらく悩みそうです.

締め切りに間に合わず,論文の投稿に失敗しました.締め切り日が過ぎても,ほとんどの場合,数日(長くて一週間)待ってくれるのですが,今回は厳格に締め切りを守ったようで,投稿しようと思っても既に投稿サイトを閉じてしまったようです.締め切り日が設定されていても,世界中で時差があり一番遅い時間の地域の時間を知った上で,まだ大丈夫と自分の都合の良いように考えてしまいます.このようなときに,下記のサイトは便利ですね.
http://www.timeanddate.com/worldclock/
例えば,Apia time で6月13日23時59分だと,日本は6月14日19時59分のようです.なかなか興味深いです.

自分の研究で処理できるようにと Ruby のインタプリタを1日で改造しました.Ruby の方はまだまだバグありですが,とりあえずこれで, C#, Java, Ruby と3つの言語をサポートすることに.その後別件で,Tomcat ベースのサーバサイドで動くプログラムから外部コマンドを実行させようとしたのですが,失敗ばかりで徹夜モードに突入となりました.明け方になって, /bin/csh から >& hoge.error を実行させてエラーメッセージを発見し,それを読んだところ,コマンド側に環境変数が必要なことが分かりました.動かなかった理由が分かるまで,かなりの時間と体力の無駄遣い.具体的には,csh に実行したいコマンドを渡す方法で, "/bin/csh","-c","foo -option bar" と文字列配列を渡すことで解決することになりました.終わってみれば納得ですが,分かるまでが一苦労.

今更ながら, C 言語で,

main()
{
  foo(x);
  x = 1;
  printf("x=%d\n",x);
  bar(x);
}

と書いて,foo が typedef されているときに,変数 x が宣言されていることになることを知って,「へーそうなんだ」と感心した一日でした.ちなみに,bar(x) は関数呼び出しのつもりです.そうなると, foo(x) と bar(x) って構文的に見分けがつかないことになります. C 言語のパーザを作るのは難しいものだと納得したのでした.

3月に発表した研究論文で, Best Paper Award を頂いた賞状をイメージスキャナーでスキャンしたので下に添付します(恥ずかしいので,名前と論文タイトルは消しました).


2009-01 2009-02 2009-03 2009-04 2009-05

2008-01 2008-02 2008-03 2008-04 2008-05 2008-06
2008-07 2008-08 2008-09 2008-10 2008-11

2007-01 2007-02 2007-03  2007-04 2007-05 2007-06
2007-07 2007-08 2007-09  2007-10 2007-11 2007-12

2006-01 2006-02 2006-03 2006-04  2006-05 2006-06
2006-07 2006-08 2006-09  2006-10 2006-11 2006-12

2005-01 2005-02 2005-03  2005-04 2005-05 2005-06
2005-07 2005-08 2005-09  2005-10 2005-11 2005-12

2004-01  2004-02 2004-03 2004-04  2004-05 2004-06
2004-07  2004-08 2004-09 2004-10  2004-11 2004-12

     2003-02 2003-03 2003-04 2003-05 2003-06
2003-07 2003-08 2003-09 2003-10 2003-11 2003-12

ここをクリックしないでください!

Copyright© 2009 Kazuaki Maeda All rights reserved.

上へ TOP Pageへ inserted by FC2 system