TOP Pageへ

前田和昭の日記      

2009年8月の日記


8月31日(月)

映画の広告がWeb上にあったので見てしまい,ついでにジョントラボルタの最近の情報をさがすためにWikipediaを見てしまいました.
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・トラボルタ

昔サタデーナイトフィーバーの主演していたことしか知らなかったのですけど,航空機マニアでしかも,自宅に2機のジェット機を持っているんですね.面白いのは,そんな彼の自宅をGoogleMapで上から眺めることができること.

+29° 16' 42.00", -82° 7' 0.00"

たしかに,フロリダにある家にジェット機が並んでいます.しかも,しっかりと客室がついて何十人か乗れそうなサイズの飛行機で,Wikipediaによれば,ボーイング707なんだそうです.自宅の横にあるのが道かと思いきや,ズームイン/アウトしてみると,滑走路だということがわかります.庭にはバンカーのような砂場が見えるので,ミニゴルフコースになっているのでしょう.すごい自宅をお持ちなんですね.しかも,それらをGoogleMapで眺めてしまえることがまたすごい.

8月30日(日)

PCにUSB経由でギターを接続する面白グッズがあるそうです.
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1251089051505.html
http://thanko.jp/product/guitarlink/

USBで音を取り込んで,デジタルエフェクトかけて,それでPCのマイク端子から出力するように思えます.ちなみに,メーカーのサイトは以下のところ.
http://www.behringer.com/EN/Products/UCG102.aspx

面白いのは,写真にあるPCは,どうみてもMacBook Pro.なのに,この製品はWindows対応のみ.MacBook ProにWindowsをインストールして使いなさいね,ということなんでしょうか.

Amazon.co.jpでも販売していて,なんと,4,980円なり.安いですよね.
http://www.amazon.co.jp/サンコ-USB-GUITAR-LINK-GUITLINK/dp/B002LWSW3M

8月29日(土)

Mac OS X の新版が,昨日8月28日に出荷開始となりましたね.
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0908/28/news092.html

互換性をしっかり保ったまま,性能が上がってくれるのだったら大歓迎ですけど,はたしてどうでしょう.今は忙しすぎて,新版で遊んでいる余裕はありませんが,そのうち試してみようかな.

8月28日(金)

Nokia が N900を発表したそうです.
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0908/28/news018.html

OSはLinuxをベースとしているようで,以前 Nokia 770 Internet Tablet とか言われていたものがありましたが,これを携帯電話に持ち込んだようです.購入して少し使ってみましたけれど,オフィスのどこに置いたか忘れましたが,どこかにあります.Nokia さんも,以前の勢いがなくてなかなか大変そうです.

8月25日(火)

日本航空が,国際線で観光路線を分離してコスト削減を目指すそうです.
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090825AT1D240AC24082009.html

観光路線は別会社にして分離して「そちらは赤字で倒産するか,他会社と合併しても構わない」ということなのかな?多分,LCキャリアと競合するときに,日本航空だと低価格にできないが,別会社だと低価格を提示できるというのでしょう.航空運賃の低価格化は良いのですけど,安全な整備がちゃんとできるかが不安なところです.さて,私の場合,観光ではなくて国際線をエコノミークラスの格安チケットを購入して乗るのですけど,こんな人の場合,もう日本航空は使えなくなるということなのでしょうか.国際線に乗る人が「観光(低価格)とビジネス(高価格)しかない」と割り切られても,困っちゃいますね.まぁ,もともと日本航空は使わない人なので問題はないですけど,ちょっと腑に落ちなかったものですから.

8月24日(月)

Mac OS X Snow Leopard が8月28日に出荷となるそうです.
http://www.apple.com/jp/news/2009/aug/24macosx.html

できれば性能が上がって,使い勝手が良くなっていることを願っています.しばらくは様子を見ることにいたしましょう.

8月23日(日)

近日中に出荷されるはずのSnow Leopardですが,64bit完全対応が特徴だったはずなのに,デフォルトでは32ビットのカーネルが動くんだそうです.
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/08/21/snowleopard/index.html

上記URLから抜粋させて頂きます.

Snow Leopardのインストールで64bitカーネルがデフォルト状態で起動するのは「XServe」のみである。それ以外のMac Pro、iMac、MacBook Proは「Capable」のステータスであり、デフォルトでは32bitカーネルでSnow Leopardが起動する。64bit動作させるには、起動時に「6」と「4」のキーを押したままにして64bitカーネルをロードさせるしかない。あるいは「com.apple.Boot.plist」のファイルを書き換えて起動時のデフォルト起動モードを64bitに変更してしまう。この場合、「3」と「2」のキーを押して起動したときのみ32bitモードになる。

ということらしいです.古い機械のことを考慮してとのことなんでしょうが,最初起動するときに,動作する機械を調べてから対応機種だったら64ビットカーネルを立ち上げて欲しいですよね.さて,素人みたいな疑問があるのですけど,32ビットと64ビットの違いは何でしょうか.アドレス空間の広さだけの違いなのかな?

8月22日(土)

今月末に出荷が噂されているSnow Leopardですけど,なぜだか新規に出荷したMac mini に付属していたという報告があったそうです.
http://japanese.engadget.com/2009/08/22/snow-leopard-dvd/

まぁ,うっかりミスなんでしょうが,既に出荷の準備が整っているということなのでしょう.さて,Snow Leopardが出荷されたとしたら,どうしましょうか?学生の勉強のために学生用のMacにインストールしてみるとか,Snow Leopardインストール済みの新しくMacBook Proを購入しちゃうとか,いろんなことを考えていますが,しばらく様子を見ることにしようかな.

8月20日(木)

9月9日にAppleがイベントを開いて,新しいiPodを発表するんだそうです.
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/20/news046.html

きっと,Steve Jobsがみんなの前に出てくるでしょう.だったら,いつもの"One more thing,..." でタブレットMac なのに,iPod touch を大きくしたよ,ってな感じで紹介してくれないですかね.

8月18日(火)

WIndows 7 RC版のダウンロード提供が8月20日で終わるんだそうです.
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0908/17/news082.html

ということなので,使うかどうか分かりませんが,きっと評価のために使うだろうと思い込み,とりあえず以下のURLからダウンロードしようとしました.しかし,Mac だとダメ.
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/download.aspx

いたしかたなくWindows機を立ち上げてダウンロードすると,いろいろとインストールするんですね.まぁWindowsユーザが対象なので,いたしかたないのでしょうが,何をインストールされたか不明で,ちょっと不安.

8月17日(月)

9月末に仁川空港近くの New Songdo City へ行くのですが,なかなか面白い紹介ビデオがYouTubeにありました.

8月15日(土)

MacBook Pro 15inchでAntiglare Widescreenがオプションとして選べるようになりました.
http://www.macrumors.com/2009/08/11/apple-again-offers-matte-display-option-on-15-macbook-pro/

現在利用中のMacBook Proを昨年に購入したときにはGlossy Displayしかなかったのですけど,やっぱりピカピカ光るのは映り込みが邪魔でうっとうしいです.Snow Leopardが出て安定してきた頃にMacBook Proを購入する予定なので,そのときにはAntiglareを選ぶことにいたしましょう.既存利用機種のOS移行には1週間ほどかかるので,手間を考えると新しく買ってしまって少しずつ慣らしながら移行した方が良いですし,そもそも10月〜12月の間にコンピュータを購入することを予算申請して了承を得ていますから,強制的に買わざるを得ないのです.これも仕事のためです.

8月14日(金)

自分のノートブックPCのバックアップをしばらくとっていないので,ユーザ領域385GBをそのまま外付けHDDへコピーし始めたのが朝の5時で,終わったのが昼過ぎの13時半.なんと8時間半もかかってしまったのでした.昼前には終わるかな,と思っていたのですが,こんなに時間がかかるとは想定外.IEEE 1394bなので 800Mbpsのはずで,単純計算で1秒間に約100MB転送可能なはずで,1分間で6GB,1時間で360GBなんて思っていたのが間違いですね.その8倍ほどかかっています.どこに計算間違いがあるんだろうか.....そんなんで学生との約束に遅刻となってしまって申し訳ないです.

ロンドンで泊まったヒルトンが,クレジットカードに不明な課金をしていたので,数日前に日本のヒルトンに電話したのですが,該当ホテルに問い合わせないと分からないというので,メールを書いてみたのですが返事がない.いたしかたなく,本日FAXで問い合わせを送りました.さらに,9月末に韓国ソウルに行くので,予約したいとホテルにメールを送っても返事がない.いたしかたなく,本日FAXでそのメールとReservation Formを送りました.メールなりFAXなりを送ると,1日以内に返事を返すのがビジネス界の常識だと思っていたのですが,返事がなくて何だか苛立ちを感じるので,あまり深く考えずに来週まで待つことにいたしましょう.

こんなんで今日一日が過ぎていってしまいました.仕事が満杯なのに困ったものです.来週はJTBに行って,ソウル行きの航空券を予約しなくっちゃ.あっそうそう,オンラインで航空券を買っても良いのですが,義理人情を感じているので,できる限りJTBを使うようにしているのです.4月末のときのように,数日前にアメリカ行き航空券を購入するなんていうギリギリで動く場合は,さすがにオンラインじゃないとダメですけどね.

8月12日(水)

普通の人は「ブラウザー」の意味を知らないですよね.っていう動画がありました.
http://trend.gyao.jp/internet/entry-241099.html

興味深く拝見いたしました.

8月11日(火)

やはり過労です.午前中にいつもの発作が起きて,仕事場の床で横になって休むことになってしまいました.無理をするとこうなります.もう若くないですね.

8月8日(土)

朝9時前に中部国際空港に到着.ロンドンを出発してから約25時間後のことです.今日は,大学でオープンキャンパスが開催されているので,体調さえ問題なければ,ちょっと様子を見るために行くことにしていました.とりあえず,宅配便で自宅までスーツケースを送って身軽にしてから,名鉄とJRを乗り継いで大学まで到着したのが11時頃.皆さんがんばっていましたね.うちの3年生に仕事をお願いしていたので,立場柄大学へ直接行くことにしたのですけど,目が回っていてあまり体調が良いとは言えない.夕方早々に自宅へ帰ることにしたのでした.

8月7日(金)

昨日の22時発にロンドンを出発して,シンガポールに到着したのが18時頃.時差があるので13時間ほどのフライトでした.シンガポール出発が,午前1時なので,約7時間ほどの待ち時間です.疲れていることを予想して,第2ターミナルのトランジットホテルを予約してありました.シンガポール空港には,入国しなくても空港内にホテルがあって,昔一度だけ利用したことがあります.以下の写真がそのホテルの部屋です.狭いですけど,長時間飛行機に乗っていて疲れているのでベットで休めるのは本当にありがたい.

 

チェックインしてから,夕食をとって,マッサージをお願いして,以下の写真のセブンイレブン(空港の制限区域内)でビールを買いました.店員さんが「You have to have it before flying」とか言ったのですけど,「ホテルで飲むんだからbefore flyingに決まっているじゃないか」なんて勝手に思っていて,その場では何の事か全く理解不可能でしたが,「飛行機にビールを持って入れないから,乗る前に飲むんだぞ」ってことだったんですね.お店を出てから分かりました.「直ぐにわかれよ」と自分に言いたいのですが,眠くて頭が全く回っていなくてダメ.トランジットホテルにもどってきたら20時過ぎで,寝酒にビール飲んで,眠ったのは2時間ほど.22時過ぎに起きて,シャワー浴びて,それでチェックアウト.もうちょっとお休みしたかったのですが,いたしかたありません.

確か,名古屋発の飛行機の出発は午前1時.そんな時間に搭乗したって,すぐ寝るしかない.目が覚めてみるとまだ飛行機の中で,あたりは真っ暗.でもお腹がすいているところで,お隣の方がカップ麺を注文していました.私もまねして頼んでみたのが下の写真です.香辛料がものすごく強くて,きっとシンガポール風なんでしょうか.

 

8月6日(木)

国際会議が終了したのが昼すぎで,それからホテルに帰りましたが,飛行機の出発時刻の22時まで少し時間が空いているので,17時までは自由時間とさせて頂きました.といっても,昼ご飯が終わったのが14時ごろなので,地下鉄での移動時間を含めて,約3時間ほどのロンドン散策です.

以下にロンドンの地下鉄の写真を載せます.これだったら,確かに英語でTubeというのが分かります.車体が丸くて,その周りのトンネルも丸くて,チューブ状になっています.だからTubeなんだかどうかは,私は知りませんけどね.

 

とりあえず,デパートのハロッズで家族への義務であるお土産を探してみるも,普通のデパートなので目新しいものはなし.地下へ行ってみるとハロッズグッズ売り場がありました.幾人かの日本人が買い物をしていて,ハロッズが何らかのブランドイメージがあることを再認識したのでした.そこから地下鉄を乗り継いで,バッキンガム宮殿へ行き,そこから少し歩いてビッグベンまで行きました.まぁ,一般的な観光名所なのでしょうが,私にとっては感動も何も全くなくて「あっそう」ってな感じでなんですね.全く感動しないのはなぜなのでしょう.いろんなものを見過ぎているのか,感動する心を忘れたおじさんになってしまったのか.そうだとしたら,ちょっと悲しいものがありますね.

 

8月4日(火)

国際会議の会場は,London Metropilitan UniversityのLondon Metropolitan Business Schoolでした.その副学部長?だったかが使ったスライドの写真を以下にのせます.結構大きな大学で,ビジネススクールも大所帯ですね.

 

8月3日(月)

シンガポール航空でシンガポールからロンドンへ向かうためにA380に乗りました.テイクオフのときに,走り始めてからいつまでたっても離陸しない.このまま飛び上がらないで,オーバーランして事故になるのかな,と思うくらい飛び上がらない.小さめの飛行機の倍ぐらいは走った頃に,ゆっくりと離陸し始めてほっとしたのでした.お客は空席がないくらいほぼ一杯でした.乗り心地は良くもなく/悪くもなくってところです.問題は,トイレが少ないこと.一階のエコノミー席のセクションが3つに分かれていて,3x4x3が一列でこれが10列分にトイレが2つ,一階はこれが1セクションとして,エコノミーが3セクションと,前の方はスイーツ専用.2階はエコノミー席が1セクションのみで,ここもトイレが2つ.ロンドンまで約13時間のフライトなので,ロンドンに到着する頃は朝早くで,トイレに行きたい人も増えてきて,何人も待つことになります.多くの乗客を乗せる設計上,トイレが少なくなっているのでしょうが,あと一つでも増やしてくれれば,少しは状況が良くなるのに残念です.

A380の機内の後方には,下の写真のように2階へ続く螺旋階段があるのでした.

さて,ヒースロー空港に着地ですが,少しずつ地面に近づいていって,突然「ドスン」と衝撃とともに着地しました.機材が重すぎて巨体が降り立つからなんでしょう.

ヒースロー空港で,空港からどうやって市内まで行くかゆっくり考えました.エクスプレスでPaddington まで16.50ポンド.これで約15分ほどで市内に着くようですし,Paddingtonからタクシーに乗れるようなので,エクスプレスを使うことにしました.朝早くて客が少ないので,快適です.Paddington から宿泊するHilton Islingtonまで,メーターは12.4ポンドでこれにチップを追加して15ポンドにして8時頃に到着しちゃいました.

それにしても寒いですね.夏だというのに最低気温が10度ぐらい最高気温が20度ぐらいのようです.これぐらいだと,夏でも長袖シャツにスーツ姿でも大丈夫です.ヨーロッパが寒いから出来上がったビジネススタイルなので,蒸し暑い日本の夏には全く向いていないのですよね.朝食を終えてから,近くのスターバックスでコーヒーを買って,雑貨屋で水を買って,ホテルに帰ってから時差に合わせる努力もしないで眠ることに.起きたら午後5時頃で,夏時間ですから,いつまでたっても明るい.

8月2日(日)

今日はバンコク滞在の最後の日.シンガポール航空でバンコクからシンガポールへ.さらにシンガポールからロンドンへ向かうためにA380に乗り込むことになり,どんな飛行機なのか楽しみです.

以下の写真は夜の10時ごろでしょうか.シンガポール空港は,いつも通り夜でも人が一杯いますし,ほとんどのお店も開いています.空港での人の行き来を重要視して気合いを入れて作っている空港は,日本の空港とは全く違います.6月11日のところにも書きましたけど,空港ランキング上位5つは以下の通り.

  1. Incheon International Airport (3)
  2. Hong Kong International Airport (1)
  3. Singapore Changi (2)
  4. Zurich (8)
  5. Munich (5)

9月末に多分Incheonへ行くことになるでしょう.2005年に一度行ったきりで,どんなふうに変わったか見るのが楽しみです.

8月1日(土)

昨日の怪我のため,歩くのにちょっと困っています.それでも,いつものように朝からデバッグ作業です.この作業がきつかったのか,肩がパンパンにはってしまったので,タイマッサージへ行くことにしました.担当した方は,それなりに上手かったのですが,自分からチップをお願いしてきて,これには嫌な思いをしましたね.今回バンコクに来て思ったのは,今までと違ってチップを要求する人が増えたということかな.経済が下降してしまい,お客が減ったからなのでしょうか.夜は少し飲んでから夕食を食べて,それで宿泊しているところへ帰ったのでした.偶然でしたけど,お店のオーナーが同じ大学出身の方のようで,私より年齢的にずいぶん上の方ですけど,少しだけお話ししましたが,いろんなことを知っていて勉強になりました.

7月31日(金)

あまり睡眠時間を取っていないのに,朝5時頃に目覚めてしまいました.日本と2時間の時差がありますから,体は朝7時だと思って起きてしまったのでしょう.さて,今日は忙しい日でした.宿泊の支払いのためにBTSに乗って旅行の会社へ行き,Asokまで歩いてMRTでチュラロンコーン大学の近くの駅まで向かいました.それから数時間近況報告をしながらのランチタイムとなりました.

下の写真で,茶色っぽい屋根のあるところと左側のビルが大学です.観覧席のようが左側にありますが,実は競馬場です.その楕円形コースの中はゴルフ上になっていて,何だか不思議な組み合わせです.

日用品が足りなかったのでお買いものに出たところ,デパートの前にステージが作られていて,「おれたちは,むかしから,このまちにあこがれて,しんじていきてきーたー」ってジャニーズの曲が日本語でかかっていて,若者がステージで踊っていて,女の子がキャーキャーいってます.まぁ,別に良いのですけど,異国の地でこんなのを見ると不思議な思いがします.

ランチが終わってから足りないものの買い物して,それからいろいろ回ることになりました.最後に少し飲みたかったので,Asokで飲んでから帰ってくる途中なのですが,うっかり転んでしまいました.BTSのエスカレータが止まっていて,それを元気に走りながら上ろうとトントントンと足軽に上っていったら,うっかり段につまづいて転んでしまったんです.エスカレーターの段ってよく見ると,手前がギザギザで鋭く尖った金属なんですよね.それがもろに向こう脛にぶつかってしまって,血が飛び散ってジーンズを汚すし打撲のようになるわで,右足がしばらく不便になるのでした.

アパートに帰ってから,アルコールによる消毒シートを2枚持ってきていたので,それで消毒して絆創膏を貼って,その上から湿布薬を貼ったのですけど,ベット眠っているとシーツに血がベッタリとつまって,部屋を掃除するスタッフに申し訳なくしょうがない.この怪我がいつまでも続いているのですが,歩けるので骨が折れているわけではない.どうなっているものやら.旅行の荷物の中には,怪我をしたときの何か道具を入れておいた方が良いですね.消毒薬と絆創膏のようなもの,湿布薬もしっかりと入れておいた方が良さそう.今後の注意リストに入れましょう.

7月30日(木)

自宅をバスで出発する予定より遅れて実際にバスに乗ったのは7時30分で1時間遅れ.金山駅では,9時少し前のミュースカイに乗るはずが,注意力散漫で目の前に到着しているのに気づかず,発車のベルが鳴ったときに初めて気づいて駆け込むというありさまで,これからが思いやられます.48時間前にインターネットチェックインが終わっていて,出入りが自由な通路側にを確保してあって,ぎりぎりに空港に着いても安心です.さて,今日は,中部国際空港からシンガポール乗り換えでバンコクまで行きます.中部国際空港からの飛行機は,最新のA330/300で,エコノミーにも電源コンセントがついていて,コンピュータのバッテリ切れの心配がなくて安心です.

 

バンコクに到着したのは,現地時間で19時過ぎ.荷物を拾ったところまでは良かったのですが,何も悪いことしていないのに税関で止められて,白のスーツケースをX線スキャンされることになり,しかも中に何か入っていると言い出して,スーツケースを空けることになりました.結局,栄養ドリンクが数本入っていたのを何かと勘違いされたようで,無事解放されたのでした.バンコクの税関で止められてのは初めです.

時間が遅いので,プリペイドのSIMカードが欲しくて,空港からタクシーAISカウンターを探すために,到着出口を出てから右にずーっと最後まで行ってみてもどこにも見あたらない.いたしかたなく,逆方面へ行ったらありましたよ.到着出口を出てから左に曲がらないとだめなんですね.何の店が並んでいるのかガイドがあれば分かりやすいのに何もなくて,これじゃ知っている人しかしらないことになりますね.


<自分用の覚え書き>

福沢諭吉著作コレクションが,デジタルアーカイブとして Web で公開されています.
http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_about.html

本物を一般公開できない作品であっても,世の中のために公開すべきものはたくさんあるはずで,それをデジタル化して公開するとは素晴らしいことです.歴史のある大学は公開できるはずのコンテンツネタがあっていいですね.歴史のない大学では,将来に価値がでるような仕事を残さなければいけません.さて,自分は何ができるか考えどころです.

Adobe Photoshop CS3 を購入したのですが,以前デモ版をインストールした後,手作業で削除してしまい,CS3 を新しくインストールできなくなりました.インストールしようとしても,「既にインストールされているのでインストールできません」となりダメ.手作業で削除しないでアンインストーラを使うべきだったのですが,一度削除してしまうと,アンインストーラーがないので,削除すべきファイルを捜すことができません.これを解決するために思いついたアイディアがあるので早速実行してみました.

  • 他のIntelマシンにインストールする.
  • /Applications/Photoshop CS3と/Library/Application Support/Adobe を自分のマシンに上書きコピー
  • 念のため,Phtoshop CS3 をアンインストール
  • 再度,Photoshop CS3 をインストール

これで OK.普通のアプリケーションと違って,自分でパッケージ管理をしているようで,それがどこにあるのか分からなかったので,この方法じゃないとだめでしょう.

さて,昨日の夜から Enunciate を試しています.
http://enunciate.codehaus.org/

Enunciate という英単語を初めて聞きました.「はっきり発音する.宣言する.発表する.」という意味なんだそうです.かなり賢いツールで,アノテーションを追加した Java プログラムを書いて,あとはコマンド一発で Web サービスのサーバ側の WAR ファイルができあがり,クライアント側の JAR も生成されます.Enunciate を使えば,今まで WAR ファイルの内側を「面倒だな」といブツブツ文句を言いながら書いていた作業が全て自動化されそうです.ここまでは良かったのですが,クライアント側で,どのように URI を書いて,どのようにメソッドにアクセスできるかが分かりません.やっぱり内側を理解していないと無理だということなのでそう.しばらく悩みそうです.

締め切りに間に合わず,論文の投稿に失敗しました.締め切り日が過ぎても,ほとんどの場合,数日(長くて一週間)待ってくれるのですが,今回は厳格に締め切りを守ったようで,投稿しようと思っても既に投稿サイトを閉じてしまったようです.締め切り日が設定されていても,世界中で時差があり一番遅い時間の地域の時間を知った上で,まだ大丈夫と自分の都合の良いように考えてしまいます.このようなときに,下記のサイトは便利ですね.
http://www.timeanddate.com/worldclock/
例えば,Apia time で6月13日23時59分だと,日本は6月14日19時59分のようです.なかなか興味深いです.

自分の研究で処理できるようにと Ruby のインタプリタを1日で改造しました.Ruby の方はまだまだバグありですが,とりあえずこれで, C#, Java, Ruby と3つの言語をサポートすることに.その後別件で,Tomcat ベースのサーバサイドで動くプログラムから外部コマンドを実行させようとしたのですが,失敗ばかりで徹夜モードに突入となりました.明け方になって, /bin/csh から >& hoge.error を実行させてエラーメッセージを発見し,それを読んだところ,コマンド側に環境変数が必要なことが分かりました.動かなかった理由が分かるまで,かなりの時間と体力の無駄遣い.具体的には,csh に実行したいコマンドを渡す方法で, "/bin/csh","-c","foo -option bar" と文字列配列を渡すことで解決することになりました.終わってみれば納得ですが,分かるまでが一苦労.

今更ながら, C 言語で,

main()
{
  foo(x);
  x = 1;
  printf("x=%d\n",x);
  bar(x);
}

と書いて,foo が typedef されているときに,変数 x が宣言されていることになることを知って,「へーそうなんだ」と感心した一日でした.ちなみに,bar(x) は関数呼び出しのつもりです.そうなると, foo(x) と bar(x) って構文的に見分けがつかないことになります. C 言語のパーザを作るのは難しいものだと納得したのでした.

3月に発表した研究論文で, Best Paper Award を頂いた賞状をイメージスキャナーでスキャンしたので下に添付します(恥ずかしいので,名前と論文タイトルは消しました).


2009-01 2009-02 2009-03 2009-04 2009-05 2009-06
2009-07

 

2008-01 2008-02 2008-03 2008-04 2008-05 2008-06
2008-07 2008-08 2008-09 2008-10 2008-11

2007-01 2007-02 2007-03  2007-04 2007-05 2007-06
2007-07 2007-08 2007-09  2007-10 2007-11 2007-12

2006-01 2006-02 2006-03 2006-04  2006-05 2006-06
2006-07 2006-08 2006-09  2006-10 2006-11 2006-12

2005-01 2005-02 2005-03  2005-04 2005-05 2005-06
2005-07 2005-08 2005-09  2005-10 2005-11 2005-12

2004-01  2004-02 2004-03 2004-04  2004-05 2004-06
2004-07  2004-08 2004-09 2004-10  2004-11 2004-12

     2003-02 2003-03 2003-04 2003-05 2003-06
2003-07 2003-08 2003-09 2003-10 2003-11 2003-12

ここをクリックしないでください!

Copyright© 2009 Kazuaki Maeda All rights reserved.

上へ TOP Pageへ inserted by FC2 system